AIによって仕事がなくなるランキングに騒然!10年後も求められる人材でいるためにできること

フリーランスの仕事は10年後もあるの?

10年後、AIに仕よって仕事がなくなる職業ランキングが発表され、SNSを中心に話題になっています。

フリーランスの仕事は今でこそ注目されていますが、10年後も同じように注目され、求められる職業でしょうか。

10年後の未来では、多くの職業でAIやロボットによって仕事がなくなると予想されており、フリーランスの仕事も例に漏れず一部でその対象です。

では、どうすれば10年後も仕事がなくなるリスクが無く、フリーランスとして働けるのでしょうか。

今回は、10年後の未来でもフリーランスとして働くための条件をご紹介いたします。

スポンサーリンク

「10年後仕事が無くなる職業」が話題に

フリーランスとして仕事をする男性

プログラマーやライター、イラストレーターなど、フリーランスという職業の仕事は現在 幅広く存在していますが、10年後も存在しているのでしょうか。

2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した「雇用の未来-コンピューター化によって仕事が失われるのか」という論文に、10年後にAIによる自動化によって失われる職業や消える仕事が話題になっています。

論文では現存している702の職業すべてについて、約90%以上がコンピューターによる自動化が可能と予想しています。

コンピューター化の障壁になりうる9つの仕事特性を抽出してーたとえば、手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力などー、702の職業を評価したのです。

ロボットが完全に人間の知能を手に入れるにはあと少なくとも50年はかかると言われていますが、その過程で、多くの仕事が機会の脅威にさらされることがわかってきました

引用週刊現代

10年後になくなる仕事ベスト10

  1. 財務・経理・会計系
  2. 秘書・アシスタント・一般事務系
  3. コールセンター
  4. 人事・総務系
  5. 法務・コンプライアンス・知財系
  6. 営業系
  7. 弁護士・弁理士
  8. テクニカルサポート
  9. マーケティング系
  10. 金融系専門職

特に1の会計系と2の一般事務系は40%以上の確率でAIに代替えされる予想。

10年後に残るであろう仕事ベスト10

  1. 編集・コンテンツ・出版系
  2. 店舗開発・FC開発
  3. Webサイト運営・コンテンツ企画
  4. Webプランナー
  5. プラントエンジニアリング
  6. セールスエンジニア・サポートエンジニア
  7. 生産技術・製造技術・エンジニアリング
  8. CTO・CIO
  9. バイヤー・マーチャンダイザー
  10. プロジェクトマネージャー

その場に応じた判断が必要な職業は、AIに代替えされにくい予想。

参考WOMAN PRESIDENT

フリーランスの仕事は10年後も存在するのか

フリーランスの仕事場

厚生労働省がオズボーン氏の論文を参考に、未来開発センターと共に作成した「AIと共存する未来~AI時代の人材~」によると、

  1. 創造的思考
  2. ソーシャル・インテリジェンス
  3. 非定形

AIやロボットによる自動化が難しい職業は、上記の3つの特徴があるとしています。

実はライターやイラストレーター、デザイナー、プログラマーなどはクライアント一人一人の要望を受けて商品を作成する(創作する)ので、AIに仕事を取られにくくなくならない職業でもあります。

また、ライターは説得力ある文章を書くことが求められる他、組織に属さないフリーランス全てがクライアントとの高度なコミュニケーション能力が求められるため「ソーシャルインテルジェンス」を満たしています。

最後に「非定形」はフリーランスと言う働き方をしていれば、自然と満たしている項目。

非定形とは役割が体系化されておらず、多種多様な状況に対応することが求められ、マニュアルではなく自分がどう思うのか、何が適切なのかを自分で考えることができることを指します。

エトウ
エトウ

フリーランスという働き方や、仕事内容がそもそもAIやコンピューターではできない仕事

データ入力などはaiによってなくなる仕事

  • データ入力
  • データ仕分け
  • データ収集
  • テープ起こし など

情報を集めたり、クライアントから渡された情報を整理したり、音声を聞きながらそれを文章にするこれらの仕事は10年後にはAIやコンピューターによって自動化される可能性が高くなくなる仕事と言われています。

また似顔絵制作や他サイトのリライト、校正など、お手本を見て作成する仕事はなくなる可能性が高い。

まとめ

10年と言う歳月は長いようであっという間です。

この10年間でフリーランスと言う働き方の質を高めることで、AIやコンピューターの知能や技術が発達した未来でも求められる人材で居ることができます。

10年後も求められる人材でいる条件
  • あなたが一個人としての考えをしっかりと持っている
  • クライアント一人一人の要望に対応できる
  • あなたにしか作れない創造的な作品を提供できる
  • その場の状況によって適切な判断ができる
  • クライアントと密なコミュニケーションが取れる

AIやコンピューターにフリーランスの仕事を取られないためには、上記のような求められる人材で居る必要があります。

エトウ
エトウ

今後もフリーランスとして働くなら、この10年間でしっかりあなたという人間の質を上げておこう!

この記事を書いた人
エトウ

フリーライター歴4年目。2017年に長男を保育園に預けて開業、個人事業主になる。在宅ワークを始めたいママに役立つ情報をお届けします!

エトウをフォローする
在宅ワーク/フリーランス
スポンサーリンク
ママはフリーランス
タイトルとURLをコピーしました