在宅ワークのおすすめサイトはココ!効率的に稼ぐためのポイント

おすすめのクラウドソーシングサイト

自宅に居ながら仕事ができる在宅ワークは、子供を保育園に入れたいけど入れられないママや、自分で子育てをしながら働きたいママに注目されています。

  • でも、どのサイトに登録すればいいの?
  • クラウドソーシングサイトの案件ってどんなんなん?
  • 正直、稼ぐことができるの?
エトウ
エトウ

在宅ワーク歴4年の私が、おすすめのクラウドソーシングサイトと活用方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

初心者はクラウドソーシングサイトで経験を積もう

アルバイトやパートなどの求人サイトでも、在宅ワーカー(在宅ワークをする人)の求人が増えつつありますが、なかなか希望する求人に出会えないのが現実です。

そこで、子育てや家事の合間に在宅ワークを始めるなら、クラウドソーシングサイトに登録して案件に応募していったほうが手っ取り早い上に、自分が希望する職種を見つけやすくなります。

エトウ
エトウ

在宅ワーク初心者におすすめのサイトを紹介すんで!

クラウドワークス



2012年にβ版のサービスを開始し、2018年8月には登録者数200万人を突破した大手クラウドソーシングサイトです。

メディアで特集が組まれることも多く、。中には、有名企業や官公庁などからの依頼も掲載されています。

運営元は、東京都渋谷区恵比寿に本社がある株式会社クラウドワークスが運営しています。

≪クラウドワークスのメリット≫

  • 経験を問わない仕事とプロ向けの仕事が掲載されている
  • データ入力やライティングなど、隙間時間に作業できる案件が多い
  • 一定の基準を満たすと福利厚生サービス「フリーランスサポート」を受けられる

案件には固定報酬制や時給制の「プロジェクト形式」と、1時間程度の少ない作業時間で完了する「タスク案件」の2つがあります。

子育てをしながら在宅ワークをするには、子供が寝ている間に仕事をするのが一番現実的です。

子供が昼寝している時間なんて1~3時間程度しかないため、タスク案件がおすすめです。

クラウドワークスで仕事を探してみる

ランサーズ



2008年にサービスを開始し、今では日本最大級のクラウドソーシングサイトとして多くのフリーランスに選ばれているサイトです。

運営元は、東京都渋谷区に本社があるランサーズ株式会社が運営しています。

≪ランサーズのメリット≫

  • クラウドワークスと比べて案件数が多い
  • 特にライターやデザイナーの案件が多い
  • 一定以上の実績を上げると「認定ランサー」となりより信用を得られる

先ほどご紹介したクラウドワークスより長い実績があるサイトのため、受注者も発注者も利用者も多いのが特徴です。

ランサーズは、クライアントがたくさん集まった応募の中から気に入ったものを選ぶ「コンペ形式」の案件が有名で、特にロゴ制作の募集が多かったことから、現在でもデザイナーやイラストレーターが多く利用しています。

ランサーズで仕事を探してみる

クラウドワークスとランサーズのデメリット

メリットだけ見ればどちらも魅力的なサイトですが、デメリットも当然存在しています。

システム利用料を支払わなければならない

クラウドワークスとランサーズは会員登録は無料ですが、システム手数料を支払わなければなりません。

10万円以下10~20万円以下20万円超
クラウドワークス20%10%5%
ランサーズ20%10%5%

※ 2019年1月現在

それぞれのサイトの手数料に差はありません。

しかし、クラウドワークスでは180日以内に報酬を引き出さないと運営に没収されてしまいます。

ちなみにランサーズでは2019年3月15日以降から、180日以内に出金されない場合は、自働で出金されるシステムが導入されます。

正直稼げない

エトウ
エトウ

私はライターを始めた当初、クラウドワークスを利用していました

全く経験が無かったものですから、報酬は激安。正直、時給換算したら京都府の最低賃金以下です。

クライアントが提示したキーワードを自分で検索して、必要な情報を必要な字数内にまとめて納品する仕事内容でした。

この時、文字単価は1文字あたり0.2円。この記事は3,300字程度ありますが、同じボリュームを書いても、1本あたり660円にしかなりませんでした。

エトウ
エトウ

これやったらパートで働いたほうが稼げるやん…

在宅ワークを始めた時は、経験を積む場としてクラウドソーシングサイトを利用するのはとても良いことだと思います。

 

現に、クラウドワークスやランサーズだけで月収50万円という方もいらっしゃいます。

しかし現実はそう上手くいきません。

クラウドソーシングサイトだけで在宅ワークをやっていくのは難しいため、後述するココナラなど、自分のスキルを出品するクラウドソーシングサイトと併用するようにしましょう。

悪質な発注者が一定数居る

クラウドワークスやランサーズは、日本でも有数の巨大クラウドソーシングサイトであるため、多くの人が利用していると先ほど説明いたしました。

…っということは、優良な発注者だけでなく、悪質な発注者も一定数存在しているということになります。

≪悪質発注者の特徴≫

  • 単価と仕事量が見合わない
  • 予算が少なすぎる
  • 案件に書いていないことまで要求してくる
  • 「まずは試しに記事を1本書いてもらいます(報酬は発生しません)」
  • やり取りの途中で連絡が取れなくなる 等
エトウ
エトウ

これらの悪質発注者に捕まらないためには、案件に応募する前に発注者の評価を確認することが大切です

自分のスキルを出品できるサイト2選

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで経験を積んだら、今度はあなたが出品者になってみましょう。

自分のスキルに応じた仕事内容と報酬額を自分で設定して出品できるので、理不尽に安い単価で仕事をしなくて良くなります。

ココナラ

「スキルのフリーマーケット」というキャッチフレーズで急成長中のサイトです。

似顔絵やイラストの作成、ホームページ制作やアドバイス、占いや悩み相談など一風変わったジャンルの商品を出品することができます。

エトウ
エトウ

私はココナラで記事作成の仕事を出品しています

法人利用も増えているので、クライアントが個人や法人と幅広く、リピーターを確保できれば一定の収入を得ることができます。

ココナラで出品して見る

ランサーズストア

先ほどご紹介したクラウドソーシングサイト「ランサーズ」の姉妹サイトです。

ランサーズに登録している方であれば誰でも利用できる他、認定ランサーと認めていれば、ランサーズストアでも信用アップに役立ちます。

つまり、ランサーズで在宅ワーカーとしての経験を積んでから、ランサーズストアで自分のスキルを出品することができるということです。

ランサーズストアで出品してみる

ココナラとランサーズストアの手数料

1円~5万円以下5万円~10万円以下10万円以上
ココナラ25%⁺税20%⁺税10%⁺税
ランサーズストアランサーズルールに準じて成約時に20%

 

クラウドワークスなどのサイトと同じく、システム手数料を報酬額に応じて支払わなければなりません。

繰り返しになりますが、安くない手数料を支払いながら稼ぐためにはリピーターを増やすことが重要です。

  1. 納期厳守
  2. 購入者との密なコミュニケーション
  3. 相手に伝わるように言葉を選んでやり取りする
  4. 最初は低価格で出品する
  5. 値上げする時は上げすぎない

リピーターを得るためにも、この5つは最低限意識して出品してみましょう。

まとめ

  • クラウドワークスやランサーズで経験を積む
  • 慣れてきたら、ココナラやランサーズストアで自分のスキルを出品する
  • リピーターを増やすことで稼ぐことができる
エトウ
エトウ

最初は報酬額を気にせず経験を積もう!

この記事を書いた人
エトウ

フリーライター歴4年目。2017年に長男を保育園に預けて開業、個人事業主になる。在宅ワークを始めたいママに役立つ情報をお届けします!

エトウをフォローする
在宅ワーク/フリーランス
スポンサーリンク
ママはフリーランス
タイトルとURLをコピーしました